バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションを理解するには。

バイナリーオプションは、初心者でも始めやすい金融投資商品の1種です。

あなたはトランプのゲームで「ハイアンドロー」というゲームをご存知でしょうか?

現在のトランプの数字が、次のトランプより大きい(ハイ)か小さい(ロー)かを当てるゲームです。

h07

上記のハイアンドローが理解できればバイナリーオプションを理解したも同然です。

バイナリーオプションは対象の銘柄が、
 ・ハイ(高い) または  ロー(低い)
のどちらかを当てるというシンプルな取引方法です。

例えば、12時00分のUSDJPY(ドル円)のレートが100円としましょう。

2016-05-11_14h00_03

・5分後のドル円の価格が上がる(円安)と思えばハイを選択します。
・5分後のドル円の価格が下がる(円高)と思えばローを選択します。

・・・5分後(ハイを予想)+1000円の掛け金。

2016-05-11_14h19_50

予想通りの方向にレートが到達していれば払い戻し(ペイアウト)を受け取ることができます。

1,000円を掛けることでペイアウト率が90%の場合、1,900円のリターンを得ることができました!

実際に取引をやってみるとかんたんです。

FXや株といったルールが複雑で難しいと思った方でも、
バイナリーオプションなら簡単に理解ができます。

バイナリーオプションは「ハイ/ロー」だけでなく、「ラダー」「レンジ」「ワンタッチ」など様々な取引方法があります。

※ハイロー以外のオプション取引について、別記事で解説をしていきます。

→ラダーオプションとは?

→レンジオプションとは?

→ワンタッチオプションとは?

※開設は準備すすめていきます。

バイナリーオプションとFX(外国為替証拠金取引)の違い

ハイロー以外にも様々なオプションがあることを紹介しました。

ではバイナリーオプションとFX(外国為替証拠金取引)ではどのような違いがあるのでしょうか?

バイナリーオプションは以下のポイントを押さえておけばばっちりです!

・バイナリーオプション取引の開始時間と終了時間が決まっている
・ペイアウト率(払い戻し)によって確定する利益と損失額が決まっている

時間が決まっている、損失が決まっている…ということは、予め戦略の予想が立てやすいということが挙げられます。

FXの取引

ポジションを保有中、為替レートの変動や突発的なイベントなどで利益も損失も変動幅が大きくなりリスク&リターンも増大してしまいます。

良し悪しはポジションのタイミングによって決まってしまいますが、FXの取引でほとんどの方が負けてしまう理由に、利益は小さく損失が大きくという利小損大のトレードをしてしまいFXで儲けることができず、撤退してしまうこともあります。

バイナリーオプション取引の損失が限定しているということは、予想と外れても投資をした金額までに抑えることができますので、FX取引のように急激な変動で損を受けることがありません。

バイナリーオプションで口座残高をプラスにするということは、勝率を高めていくことがバイナリーオプションを攻略する上でのポイントとなります。

海外バイナリーオプションのメリット

海外バイナリーオプションの利点は、国内では規制もあって取引できない短期取引(60秒以下)の取引や、殆どの業者が「ハイ/ロー」「ラダー」「レンジ」「ワンタッチ」のオプションを採用しています。

海外業者では為替(USDやEURなど)だけではなく、株価指数(日経平均やダウ先物)や商品(金やオイルなど)、株など多くの銘柄を採用しています。

国内業者では金融庁からの規制もあり、「ラダーオプション」のみですが、海外バイナリーオプションはご自身が得意な銘柄や、値動きが活発な銘柄に取引することでチャンスが拡大します。

スマホアプリにも対応!

バイナリーオプション取引は業者によりますが、スマホアプリからも取引が可能です。
PCと同等の環境で、場所を選ばずどこからでも取引ができるので、バイナリーオプションのしやすさが格段に増しています。

業者によってiPhone(iOS)であったり、Androidだったりと様々なので、今後当ブログで紹介をしていきます。

アプリのインストール方法から取引方法まで、網羅していく予定なのでお待ちください。

バイナリーオプション業者による違い

ブローカーによってペイアウト率(払い戻し)は業者や取引ルールによって異なってきますが、殆どの業者で80%以上のペイアウトが期待できます。

中には最大400倍の高ペイアウト率の業者もあります。

入金ボーナスやキャッシュバック特典、バイナリーオプションの自動売買やテクニカル分析の提供など業者独自のサービス展開をしているところもあるため、当ブログで紹介していきたいと考えています。

ちなみに、

国内バイナリーオプションと海外バイナリーオプションでは、同じ会社のプラットフォーム(システム)を採用している場合もあります。
MarketPuse(マーケットパルス)社やToradoLogic(トレードロジック)社のシステムは国内の有名業者でも採用された実績があり、取引のレイアウトや利便性は国内外でもほぼ同じなのです。

出金トラブルについて

海外口座に振り込んでだけれど出金してくれない…

返事が来なくなった、出金まで数ヶ月も待たされた…

と一時期、トラブル報告がありました。

どのような経緯で出金トラブルがあったのかという原因を知ることが大切ですので、お話を進めさせてください。

原因は大きくわけて二つあります。

1.個人トレーダーの身分証明書の未提出

国内業者であれば、先に身分証明書などを提示してから取引開始となるのですが、海外業者の場合、先に口座開設と入金&取引ができてしまうところが多く、口座書類を送付するまえに出金リクエストをして保留されてしてしまうパターンです。

取引すること自体は有効ですが、口座情報と本人確認書類が未提出のため、業者側でも情報を把握することができず、出金はできないということです。

国内業者では口座開設時に身分証明書を提出するのですが、海外では後から提出をするところが殆どです。

出金トラブル報告が多いですが、業者への本人確認書類を提示することで出金を行うことが可能ですのでご安心ください。

以下は参考例でOptionBitさんのメールですが、
出金時には必ず「本人確認書類の提出」をお願いされます。
2016-05-11_13h29_07
最近では、海外業者も厳格な金融ライセンスを保有しているところが多く、誠実な対応を心がけている業者さんが多いですね。

2.業者側に不備があった

最近ではめっきり少なくなりましたが、出金を渋ったり、連絡が途絶えるという業者もありました。

現在では、システムやサポート体制の強化、金融ライセンスの保持など本当に誠実に対応してくれる業者が殆どです。

対応が遅いなどの業者は残念ながら存在しますが、このブログで推奨している業者は全てこちらで口座解説→入出金、問い合わせや確認など実施調査済みです。

インターネットの発達もあり、悪いうわさがあっという間に広がってしまうので、悪徳業者が排除される方向に動いています。
悪評が広まりつづけたら経営を続けることはできないですよね。

業者のサポートや対応について

殆どの業者さんでは日本語対応がされており、日本人スタッフが在籍しています。
担当者に日本人の方がつきますので親切なサポートが受けられます。

稀に外国の方が担当につくことがありますが(14社中2社がだけでした)流暢な日本語で対応してくれますし、基本的にやりとりはメールで大丈夫です。

「入出金について」メールで希望するとコンタクトをしてからわずか数分に返事がきました。

スピーディーだけではなく、内容もしっかりとわかりやすい親切なサポートを心がけているようで利用者にも安心感があります。

口座開設や英語対応のサポートについて

ブローカーへの口座開設や入出金、英語対応がお困りの場合など、管理人のよるスカイプサポートも用意しています。

詳細は、お問い合わせフォームのご案内を確認ください。

最後に、当ブログについて

当ブログでは、おすすめの業者(ブローカー)の情報や口座開設の方法、
入出金や取引の概要について解説していきます。

実際に私が口座開設→入金→取引→出金までのプロセスを行って、対応が良い業者さんのみしか公開していませんのでご安心ください(画像など一つ一つ確認しながら公開しています)

バイナリーオプション初心者の方にはできるだけわかりやすく
経験者の方にとって、勝率を1%でも向上できるように
有益な情報を公開していきます。

バイナリーオプションの攻略法当ブログ限定のプレゼントについての案内もありますので、引き続きブログコンテンツをお楽しみください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする