バイナリーオプションで勝つインジケータについて

この項目では、バイナリーオプションで勝てる確率を5%でも上げることを目的としたインジケータやレポートの詳細を公開するコンテンツです。

 

記事制作を進めておりますので、お待ちくださいませ。
各バイナリーオプション口座開設の記事下段にあります、

口座開設のプレゼントおよびお知らせ

当サイトより口座開設をして頂いた方に、

「バイナリーオプションを攻略するためのレポートとMT4専用のオリジナルインジケータ」

をプレゼントいたします(無料)

についての内容をまとめたものです。

詳細は非公開でおりますが、お問い合わせフォームより個別対応することは可能ですのでご遠慮無く連絡をくださいませ。

 

 

米国の金利を年一回から年二回の利上げへ

ダドレーNY連銀総裁が6月もしくは7月にて米国の利上げを示唆しました。

FOMC議事録の内容通りでしたが、最もハト寄りの人物であるダドレー氏が利上げを支持(タカ派)するところから、アメリカの状況が変わったとみてもよいでしょう。

 

 

21、22日の財務相・中央銀行総裁会議においての目立った成果は乏しく、マーケットを失望させるものとして、円高基調へとなりましたが欧州時間からの展開に注目です。

 

今週は、G7伊勢志摩サミット(平成28年5月26日,27日)があり、各国首脳における経済施策や金融に関する話題も多く、注目されています。

 

 

 

すいません、多忙と体調不良もあり更新ができておらずでした。
まだこのサイトのコンテンツも作成途中なので、引き続きがんばります。

当サイトで紹介しない業者さん一覧。

以下のサイトは入出金の信用性や
レスポンスの観点から紹介しないサイトと定義しています。

バイオプ
ソニックオプション
opteck
ミリオネアオプション
NRGバイナリー
ネクストトップオプション
オプショム
フレンズオプション
オプションロワイヤル
ウィントレード
オプションコム
イージーゲッター
シーダーファイナンス
ミラクルオプション
トレード101
オプションラリー
ファストバイナリー
ビットウィン
ファインオプション
ツーセレクションズ
Highバイナリー
A1オプション
オプション99
バイナリークラウド
365up
EXオプション
BOBOX
オプショントラスト
プラチナオプション
TRADE 200
60トレーダー

ワードプレスのサーバの引っ越しをしました

ユエです。

数日前よりワードプレスの動作がもたついてしまい、調査や検証などで半日作業でした。トレード関係ができず、一日の取引数は3回ほど。

 

月曜日の為替はあまり動きがなく、材料難が続きますが、流動性の低下に伴い値が一気に動くことがあります。バイナリでもFXでも値動きに注意して、プライスの方向性を定めることを心がけることで、大きな損失からは回避行動へ移せます。トレンドフォローとカウンタートレードの特性を理解してトレードを進めましょう。

このポイントは勝てるというところまで待つということができれば、それは易しくきこえますが、実際にチャートに張り付いているとそうはいってもポジションテイクをしたがるのがトレーダーですね。

 

以下、技術的なところのお話しなので、ご興味あれば読んでくださいね。

表題でもお伝えしましたが、当ブログを運営して1か月も経過していないのに表示速度に10秒前後かかることが多かったので、サーバの引っ越しをしました。

お名前.comのSDサーバでは最適化ができないことや、Google Developerのサービスにある、PageSpeed Insightsでスコアチェックをすると60点以下のスコアが表示されることも少し気になっていてましたが、

.htaccessの設定変更や、FTPのアップロード、sqlの書き換えなどで数時間ぐらいサイトが非表示になってサービスが停止されてしまいました。

その間、サイトに訪れた方がいらっしゃいましたら、閲覧できなかったことをお詫びします。

 

 

Xサーバに変えてから、ブログのトップページが2秒ぐらいで表示されるようになりました。

ブログコンテンツの記事がまだまだできないないので、整備をすすめていかねばなりませんね。引き続きコンテンツの充実をはかるべく記事を書いていきますのでお待ちください。

 

 

 

日曜日はマーケットが休場なので、ワードプレスの構築作業

日曜日、まったりしつつサイト構築に勤しんでいます。

16/05/15現在でサイト構築が70%ぐらいでしょうか。
MT4の記事やインジケータについても書いていきたいので、早急に仕上げています。
早急すぎて品質をおろそかにすることは避けたいので、ペースを崩さずにしていくのが良いスタンス。

ついでにワードプレスのことも勉強しつつ毎日新しいことを知る機会なので、作業自体楽しかったりします。

HTMLとCSSは昔の経験を頼りに、デザインなどはほぼ基礎からの修行状態。

ユーザさんに気に入ってもらえるような、有用なコンテンツづくりと見やすくて軽量のデザインが理想ですね。

 

初心者の方にはできるだけわかりやすく、経験者の方にとって、勝率を1%でも向上できるように攻略法や有益な情報を公開していきます。

引き続き、注目するマーケットニュースやファンダメンタルについてブログ記事で発信してマーケットの状況をアウトプットしていきます。

バイナリーオプションこと以外にも、マーケットの状況やセンチメントを知って、ワンランク上の更の勝ち組トレーダーを目指しましょう。

5月13日の市況

13日の市況です。

13日の東京市場ではドル円のレートが
108円50銭台の水準まで切り下げました。

欧州時間に入ってから、価格は反転上昇となりましたが、
13日の注目指標である「米小売売上高」前にレンジ相場を形成。
21時30分に発表された、
「4月小売売上高」は前月比1.3%増と

昨年3月以来の大きな伸びとなり、
米国の消費経済にポジティブなインパクトを与えました。

ドル円は50pips幅の上昇があり
一時109.40台へ到達されましたが価格は急転。

経済指標での上昇分をほぼ戻す格好となりました。
続いて、
23時00分に発表された
「ミシガン大学消費者景況指数」の数値は95.8(予想 89.5・前回 89.0)

初動こそはドル買い材料として好感されたものの、
NY時間ではダウ先物の下落が足を引っ張る格好となり、
日足では上ひげの陰線で引けるなど
来週以降の判断に迷う形となりました。
現状、日足レベルでみても
ボックスレンジでこう着状態が続いており、
日銀の追加緩和期待と
米国の景気動向と利上げ観測の行方が重要視されています。
また、国内の話題として、
消費税率10%への引き上げを再び延期するという報道があり、、
今月26~27日に開催される伊勢志摩サミットが焦点となり
経済や為替へのインパクトが気になるところです。